So-net無料ブログ作成

<自民党>「逆仕分け」で反転攻勢(毎日新聞)

 自民党は週明けから与党時代に設置した政務調査会の「無駄撲滅プロジェクトチーム」(河野太郎座長)を再起動させ、政府の10年度予算を「逆・事業仕分け」する。また、今夏の参院選を挙党一致で戦うため現行の選対本部を組織改編し、中堅・若手議員を積極登用する方針。執行部は両院議員懇談会を機に党内対立を収束させ、ようやく反転攻勢に打って出る構えを示した。

 「逆・事業仕分け」は5、6両日に実施。第1弾として、子ども手当(厚生労働省)▽高速道路無料化社会実験計画(国土交通省)▽農業の戸別所得補償制度に関するモデル事業(農水省)−−など政府・民主党の目玉政策を対象にする。

 河野氏は昨年11月、政府の事業仕分けを視察した際、「うらやましい」とこぼした。与党時代、自身の取り組みが党内で足を引っ張られたためだが、今回は大島理森幹事長ら幹部が「仕分け人」に加わる。シンクタンク「構想日本」の協力も取り付け、「仕分けはこちらが元祖」と意気込む。第2弾以降も準備している。

 一方、選対の新組織は、総裁、党三役、参院幹部らをメンバーとする従来の選対本部がともすれば「名ばかり組織」だったことを反省し、「権限と責任を伴う実効性を持ったもの」(幹部)にする。中堅・若手も役員待遇になり、参院選のキャッチコピーや遊説の企画・立案などを担当するほか、党政調と連携して政権公約作りにも関与する。

 谷垣禎一総裁は1日の両院議員懇で「人事を大きくいじろうという考えは毛頭持っていない」と述べ、参院選前の執行部交代を明確に否定。目立った反論はなかった。

 中堅・若手を選挙態勢に組み込むのは、執行部が「このままでは参院選を戦えない」という批判を逆手に取った側面もある。党運営に批判的な舛添要一前厚生労働相を新組織の主要ポストで処遇することを検討しているが、舛添氏は役職就任を拒否する意向だ。

 「谷垣降ろし」に火をつけた舛添氏と与謝野馨元財務相はこの日の懇談会に姿を見せず、谷川秀善参院幹事長は「ご予定があったのかどうか知らないが、来なきゃあかんわね」と不快感を示した。【木下訓明】

【関連ニュース】
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に
与謝野氏:小沢幹事長と同席 憶測呼ぶ 会話の中身は…
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で

<官房長官>沖縄の3訓練区域 米政府に返還求める考え(毎日新聞)
「キャバクラ労組」100人が歌舞伎町をデモ(スポーツ報知)
サッカーW杯 FIFA公認の世界地図、松山の会社が販売(毎日新聞)
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)
<普天間移設>政府案「複数も」…鳩山首相(毎日新聞)

<インサイダー取引容疑>化粧品販売会社役員に課徴金勧告(毎日新聞)

 未公表の内部情報を基に株取引したとして証券取引等監視委員会は26日、東証マザーズ上場の化粧品販売会社「フェヴリナ」(福岡市)の元常勤監査役の男性(48)に金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで、課徴金15万円を科すよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、元監査役は09年3月上旬、業務報告の際にフェ社が09年3月期の業績予想を上方修正するという内部情報を聞き、公表前にフェ社株150株を42万1255円で買い付けた疑い。元監査役は約20万円の利益を得たという。

【関連ニュース】
早大OB相場操縦:元投資会社社長に懲役2年2月求刑
粉飾決算:「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑
インサイダー容疑:味の素社員に課徴金命令
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑

来月2日「密約」で参考人質疑=衆院外務委(時事通信)
名古屋市の責任認める=「事故は予見可能」−火災現場で崩落、消防士死亡・地裁(時事通信)
財政再建目標、法案化も=中期フレームと同時並行で−菅財務相(時事通信)
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
ペコちゃん盗、「社会的影響大きい」と実刑(読売新聞)

居酒屋で皿洗いバイト、海自3曹を停職(読売新聞)

 海上自衛隊岩国航空基地(山口県岩国市)は29日、兼業を禁じた自衛隊法に違反し、アルバイトをしたとして、同基地所属の男性3曹(32)を停職2日の懲戒処分にした、と発表した。

 発表によると、3曹は2008年4月〜09年6月の計235日間にわたり、勤務時間後や休日に、岩国市と隣接する同県柳井市の居酒屋計3店で皿洗いのアルバイトをし、約110万円の収入を得た。

 同基地の隊員が09年6月、岩国市内の居酒屋を訪れた際、3曹が厨房(ちゅうぼう)にいるのを見つけ、発覚した。「遊興費などでできた借金を返すためだった」と話しているという。

元役員らに懲役4年=イー社未公開株詐欺−神戸地裁(時事通信)
北教組事件 小林千代美氏、議員辞職せず「職責を全う」(毎日新聞)
<国民年金詐取>弘道会系組長ら再逮捕 犯罪収益等収受容疑(毎日新聞)
足利事件 「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で(毎日新聞)
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で(産経新聞)

<福知山線事故>遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決 (毎日新聞)

 「起訴すべきである」。JR福知山線脱線事故で、神戸第1検察審査会が歴代3社長の起訴議決をした26日。神戸地裁前の掲示板に張り出された議決内容を記す用紙を見つめながら、次男昌毅さん(当時18歳)を亡くした上田弘志さん(55)=神戸市北区=は昌毅さんの写真を取り出し、「なぜ死ななければならなかったのか。一番知りたいのは息子。だから一緒に来た」とつぶやいた。「法廷で会社の責任を明らかにしたい」。そう思い続けてきた遺族たち。この日ようやく思いが届いた。

 同審査会への申立人でもある上田さんは2月25日、検察審査会で意見陳述を行った。「起訴されないと捜査資料が出てこない。真相を知りたい」と心を込め、語りかけたという。「亡くなった106人の乗客が審査会の方たちを後押ししてくれたと思う。やっぱり市民は強い味方です」と目頭を押さえた。

 他の遺族たちも「公開の法廷での真相究明にはずみがついた」と口々に評価した。刑事事件の被告が起訴されれば、捜査段階での供述などが公開されるからだ。申立人の一人で妻と妹を亡くした浅野弥三一(やさかず)さん(68)=兵庫県宝塚市=は「時効が迫る中、審査会のメンバーが勇気を持って審査してくれた」。その上で「議決は、歴代3社長が実際に危険性を予見できたかどうかではなく、予見する立場にあって部下に監督・指示すべきだった点を重視し、明快に判断している」と話した。

 長女を亡くした藤崎光子さん(70)=大阪市=は、既に起訴された前社長の山崎正夫氏に関する捜査記録を見るため、何度も神戸地検に足を運んだ。「捜査記録には、被害者に全く知らされていなかった、驚くような事実が詰まっている。被害者が情報を得るには、裁判は非常に重要な過程だ」。一方で「3社長に対して処罰感情を持っているわけではない。事故の背景や要因を自ら話そうとしてくれないなら、裁判という公の場に出てきてもらおうという、その一心で申し立てをした」とも述べた。【衛藤達生、山田奈緒、大沢瑞季】

【関連ニュース】
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
水戸検察審:男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決
明石歩道橋事故:元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決
牛久の飲食店経営者死亡:検察審議決 男性1人「不起訴不当」 /茨城
ことば:検察審査会 /茨城

秋篠宮家 眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
車が電車に接触、逃走…乗客3人のうち2人けが(読売新聞)
一票の格差「違憲」=衆院定数訴訟で7例目判決−名古屋高裁(時事通信)
<センバツ>小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)
<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)

北朝鮮へ化粧品など不正輸出 経営者ら有罪(産経新聞)

 北朝鮮に日用品などを不正輸出したとして、外国為替法違反(不正輸出)などの罪に問われた貿易会社「スルース」(大阪市中央区)の実質経営者、中西伯子(62)と同社社員、池山正記(73)の両被告と法人としての同社に対する判決公判が18日、神戸地裁で開かれた。

 奥山豪裁判官は「計画的かつ巧妙だが反省している」として、2被告に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)、同社に求刑通り罰金200万円をそれぞれ言い渡した。

 判決によると、中西被告らは昨年9月〜今年8月、神戸港から化粧品や食料品など計約4万7千点(計約1100万円相当)を中国に輸出すると見せかけて、虚偽の申告を神戸税関に提出するなどし、北朝鮮に不正輸出した。

【関連記事】
北朝鮮不正輸出事件初公判 貿易会社役員ら起訴内容認める
北不正輸出 幹部が発注主導、秘密ルート構築
関税法違反で大阪の貿易会社役員ら告発 北朝鮮への不正輸出で
北朝鮮に日用品不正輸出、貿易商ら逮捕 党幹部も特定 兵庫県警
北朝鮮デノミの真相 体制延命を図る賭け

百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児−総務省消防庁(時事通信)
スズキが軽「ツイン」1万台リコール(読売新聞)
ネット違法情報 削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
「失望している」 グーグル問題で米ホワイトハウス(産経新聞)

犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年−群馬(時事通信)

 入所者10人が死亡した群馬県渋川市の高齢者施設「静養ホームたまゆら」の火災から1年たった19日、施設の跡地で追悼法要が営まれた。祭壇には、犠牲者の遺影と似顔絵が置かれ、法要を呼び掛けたNPO法人関係者ら約15人が黙とうをささげ、冥福を祈った。
 生活困窮者を支援するNPO法人自立生活サポートセンター・もやい(東京)の稲葉剛代表理事は「(火災は)生活保護行政や介護政策などいろいろな問題が絡み合って起こった。社会全体の問題として考えていく必要がある」と話した。
 たまゆらは有料老人ホームの届け出がなく、自治体が防火対策や夜間の職員体制など運営状況を十分把握できなかった。厚生労働省によると、昨年10月末現在で、全国の無届け有料老人ホームは389施設に上る。 

【関連ニュース】
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言
上司と共謀、生活保護費詐取=450万円、元運転手逮捕
生活保護受給者、180万人超に=厚労省
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚

死亡した男児、愛情遮断症候群か 低身長の要因に 奈良の餓死事件(産経新聞)
都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)
中井拉致担当相「存命の日本人妻は約100人」(産経新聞)
<千葉法相>日弁連会長交代で司法改革の後退懸念(毎日新聞)
ホワイトビーチ沖埋め立て、空自も…官房長官(読売新聞)

遺体は32歳女性会社員=6日から不明、殺害後切断か−死後7〜10日・福岡県警(時事通信)

 福岡市西区の能古島北東部の海岸で、女性の下半身の一部が見つかった事件で、福岡県警西署捜査本部は16日、遺体を6日から行方不明になっていた同市博多区の会社員諸賀礼子さん(32)と確認した。県警は、何者かが諸賀さんを殺害した後、遺体を切断、遺棄した疑いが強いとみて、捜査本部を博多署に移して調べを進める。
 捜査本部によると、諸賀さんは博多区堅粕のアパートで1人暮らしをしており、5日夜に1人で退社した後、6日のゴルフコンペを無断欠席。連絡が取れなかったため、上司が7日朝に部屋を訪れたところ応答がなく、警察に届け出た。室内に財布が残されており争った形跡もなかったが、窓ガラスが割れていたという。
 関係者によると、諸賀さんは昨年末から今年初め、インターネットの会員制サイトに「交通事故の相手とトラブルになった」と書き込みをしていた。相手とみられる人物が自宅アパート周辺にいたという内容の記載もあったという。
 司法解剖の結果、遺体は死後切断され、1週間から10日が経過。尻の右側上部と下部には生前にできたとみられるあざがあった。死因は分からなかった。 

【関連ニュース】
女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判
島の海岸など捜索=女性遺体遺棄
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取

<電子書籍>普及で総務などの3省合同の懇談会が発足(毎日新聞)
不確定性原理で「ゆらぐ」首相のサイコロ決断?(産経新聞)
米国でエイズ遺伝子治療を開発へ―タカラバイオ(医療介護CBニュース)
民主が近付いてきた…法案賛成で公明代表言明(読売新聞)
中井拉致担当相「存命の日本人妻は約100人」(産経新聞)

普天間、米側との調整優先=小沢氏訪米4月下旬−官房長官・時事通信インタビュー(時事通信)

 平野博文官房長官は12日夜、都内で時事通信社の単独インタビューに応じ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「まず米国がのまなければ話にならない」と述べ、米側との調整を優先させる方針を示した。鳩山由紀夫首相は5月末までに普天間問題を決着させる方針を表明しているが、決着しなかった場合でも「首相の責任にしては駄目だ」と首相の退陣は不要との見解を強調した。
 平野長官は、社民党が県内移設に反対していることに関し、「(3党連立合意に)普天間の見直しとは書いていない。県内移設絶対反対というのは連立合意とは違う」と指摘し、政府として県内移設を軸に取りまとめる可能性を強く示唆した。
 地元自治体に対しては「『これでのんでください』という進め方はできない」と述べ、複数案を提示して調整する考えを示した。キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)への移設案など具体的な移設先については言及を避けた。
 一方、平野長官は、小沢一郎民主党幹事長が4月29日ごろから4日間程度、「表敬訪問」として訪米する方向で日程調整していることを明らかにした。参院選に向けた民主党のマニフェスト(政権公約)見直しについては「勇気は要るが、参院は政権(を懸けた)選挙ではないので、そこは割り切ったらいい」と述べ、柔軟に修正すべきだとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<天皇、皇后両陛下>愛子さま通学問題気遣う(毎日新聞)
<自殺報道>総務省、民放5社に内容問うメール送る(毎日新聞)
阪急電鉄 大型ジオラマ 開業100年記念(毎日新聞)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
採血基準、12年ぶりに改正へ−400ml、再来年度から男性は17歳以上に(医療介護CBニュース)

高校無償化で社国、朝鮮学校除外反対で一致(産経新聞)

企業団体献金禁止で首相、今国会での法改正に意欲 五輪選手支援「積極的に検討」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日午前の参院予算委員会で、企業・団体献金の禁止のための与野党協議機関の設置について「政治不信を払拭(ふっしょく)させる大変重要な手だてとなる」と意義を強調した。その上で首相は「(協議機関で)積極的に議論を進め、できるだけこの通常国会で結論を見いだしてほしい」と述べ、今国会での政治資金規正法改正に意欲を示した。

 その一方で、首相や小沢一郎民主党幹事長、北海道教職員組合の「政治とカネ」をめぐる問題を念頭に「それぞれの問題で説明責任を果たしていくのは言うまでもない」と述べた。与野党協議機関については首相が2日、小沢氏に設置を各党に呼びかけるよう指示している。

 このほか首相は、チリ大地震に関し、安否が確認されていなかった残り1人の在留邦人の無事を確認したことを明らかにした。五輪選手の支援策については「オリンピックは日本人として誇りをもつことができる瞬間なので、何ができるか真剣に積極的に検討したい」と述べた。

【関連記事】
首相 橋本聖子氏らと会談 スポーツ強化に意欲
鳩山首相、五輪選手の強化策「国として強化すべき」
進まぬ世代交代 競技人口減少の悪循環
スピードスケート 中堅、若手中心に ソチ五輪の強化指定選手
レベルアップする世界 対策打てない日本
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

引きずり死初公判 殺人罪の適用例少なく(産経新聞)
元ホスト、殺意否認=3キロ引きずり死初公判−大阪地裁(時事通信)
日本IBMを強制調査 システム会社粉飾関連で監視委(産経新聞)
<雑記帳>全国の雛人形16点 青森県立郷土館で展示(毎日新聞)
東北4県 避難所利用わずか6.5% 第1波後次々と帰宅(河北新報)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。